生活費をひいて残りのお金は貯金しておくことが大事

私たちは毎月仕事をして給料を貰う。

そして毎月生活費に使い、残りを貯金として貯めていると思います。

皆は毎月このようにお金が生活費に消えていくと思います。

では、生活費はどのようなもので、どれくらい必要なのでしょうか。

最初に水道代や電気代などの光熱費は生活していくうえで絶対にかかってくるものです。

この中でも電気をこまめに消したり、お風呂の水を洗濯のときに使うなど、使うたびに気をつけると光熱費を下げることができます。

次に食費です。

毎日朝昼夜とのご飯の食材や、弁当がいる人なら弁当の材料や、おやつや飲み物などスーパーで使うお金も結構かかると思います。

しかし、毎日贅沢せずに安い食材で料理のメニューを考えたりスーパーによっても食材の安さも違ってきたりするので考えて買い物するとまた違ってくると思います。

次にお小遣いなどの娯楽費です。

やはり毎月働いているだけでは、ストレスがたまったりするので適度にストレス発散が必要で、自分の趣味や気分転換に旅行などに使うことが必要になってきます。

旅行などは頻繁には行けないと思いますが、1年に1回など、仕事の疲れを癒すためのことは必要なことだと思います。

そして、それらの残りを貯金として将来のために残しておくことが必要となってきます。